[三重暮らしを応援します] ええとこやんか三重
本文へ

移住体験談

市川 茂昭さん

2014/5/20

☆今回紹介する移住者

お名前:市川 茂昭さん

 プロフィール:大阪府に生まれ 大学卒業後6年間滋賀県で公務員生活を送る。

 田舎暮らしへの憧れは子供の頃からあり、農業は定年後と考えていたが、「移住するなら身軽で体力のあるうち」と思い直し、30歳の時に御浜町に移住する。

 

・移住地を決めた理由は?

 柑橘の分野に的を絞ったところ、その当時、新規就農者の受入を明言しているところはあまりなかった。その中で御浜町は、実家や滋賀との距離も近く、土地も人もゆったりしていました。

 

・現在御浜町での生活はいかがでしょうか?

 みかんの市場出荷と直売で、低空飛行ながらで何とかやっていけてます。収入が少なくても、支出も少ないので今のところ収支があっています。

 

・奥様(佳代子さん)も移住者ですが

 九州に生まれ、東京で勤務していました。農業に興味があり、御浜町で農業体験をしたことから茂昭さんと出会い、平成21年に結婚と同時に移住しました。

 

・奥様の住んでみた感想は?

 最初は熱帯雨林のような気候で自然が残っているなー、秘境だー、と無邪気に喜んでいました。しかし、実際住んでみると交通機関の不便さを実感し、自動車の免許をすぐ取得しました。

 

・御浜町神木地区の印象は?

 生活に必要なものはひととおり揃っていて、自然が濃い割にはそれほど不便でなく、地域の方々も開放的な雰囲気です。自動車はどうしても必要ですが…。

 行事が多く、盆踊りも独自の節の生歌だったりして、伝統が残っている感じです。

   

・御浜町の魅力は?

 土地も安く食べ物にも困りません。野菜も新鮮でおいしい。特にみかんの味が都会で食べた物と全然違い、びっくりです。

 

・移住する際に不安はありましたか?

 ご近所つきあいが心配でしたが、移住したとき若かったのが良かったのか、地域のみなさんに可愛がっていただきました。

 

・御浜町に移住を考えている人に一言お願いします。

 移住するにあたっては、会社に就職するイメージを持つとわかりやすいかもしれません。最初から我を出しすぎないことですね。

 田舎暮らしじたいは、特別な能力が必要というものではありません。人によって向き不向きがあるかもしれませんが、やってみなければわからない面もあり、頭の中で考えているだけでは進みませんよ。興味のある方は、遊びに来てください(突っ込んだ話はその後で)。

  

市川さんがやっているブログです。

ブログ:URL : http://farmkumano.exblog.jp/

  • 市川 茂昭さん_写真1

    自宅付近のみかん畑で(市川さんご夫婦)

  • 市川 茂昭さん_写真2

    奥さん手づくりのみかんゼリー

  • 市川 茂昭さん_写真3

    札立峠から見える神木地区の風景

住所

御浜町神木

移住年月

平成13年4月
facebookでシェア twitterでつぶやく
このページのトップへ