[三重暮らしを応援します] ええとこやんか三重
本文へ

移住体験談

鈴木 翔さん

2015/4/8

プロフィール

 鈴木翔さん(31歳)

 出身地は三重県四日市市

 農業をするため、移住先を求め、熊野にたどりつきました。

 現在は奥さんと子どもさん2人の4人でみかん農家として暮らしています。

 

○熊野市に移住するきっかけはなんですか?

 北海道の大学で農業について勉強し、卒業後は農業をするため就農フェアなどに参加しました。

 三重県内でもいろいろと相談する中で、ある時、母に熊野市を薦められました。

 そこで、熊野市の農業振興課に農業をしたいという相談の電話をしたことから始まりました。

 

○熊野市を選んだ決め手は?

 市の担当者に「ありがとう」と言われたことです。

 相談の電話をしただけなのに「熊野市を選んでくれてありがとうございます」と感謝の言葉を言われたことがすごくうれしかったです。

 その後、親身になって現地の紹介や就農に関するアドバイスをいただけたので、熊野市に移住することを決めました。

 

○全く知らない土地で農家になるのは大変では?

 熊野市というのは今まで縁もゆかりもない土地でしたし、ミカンを栽培していることすら知りませんでした。

でも、熊野市では新規就農に対する支援が充実していました。

 研修制度や助成金、住まいの支援、研修先の師匠などの助けがあり、なんとかここまできました。

 

○移住して困ったことは?

 生活に苦労したことはあまりないですね。すごく充実しています。

 ただ、未だにどこにどんな店や病院があるかがわからないことがあります。

一つ困ったことと言えば、最初は地元の人の「言葉」が少し分からなかったことでしょうか。笑

 

○最後に一言お願いします。

 私は田舎を求めて移住したわけではなくて、やりたい仕事がここにあったから熊野市に移住しました。田舎だからこそやりたいことができる環境があります。これからもそういう人がたくさん熊野市に来て、一緒に地域を盛り上げることができたらと思います。

 

  • 鈴木 翔さん_写真1

    みかん畑と鈴木さん一家

  • 鈴木 翔さん_写真2

    収穫したみかん

住所

熊野市

移住年月

2009年
facebookでシェア twitterでつぶやく
このページのトップへ