本文へ
[三重暮らしを応援します] ええとこやんか三重
本文へ
  • HOME
  • おしごと
  • 【御浜町】「年中みかんのとれるまち」で、熊野の原風景と人々の幸せな暮らしをまもる隊員を募集中!!【観光/2名】

おしごと

御浜町

【御浜町】「年中みかんのとれるまち」で、熊野の原風景と人々の幸せな暮らしをまもる隊員を募集中!!【観光/2名】

2019/9/9

〇御浜町移住参考動画〇

https://youtu.be/D7MwE2PSQ9Y

 

~日本の原風景をこれからも~
 
御浜町が位置するのは、伊勢神宮と本宮大社を結ぶ世界遺産「熊野古道」の通り道。日本の原風景を今につないできた自然豊かな土地です。海と山の間にある平地は空も広々とし、すがすがしい風が吹いています。
 
御浜町はこれまで、「年中みかんのとれるまち」というキャッチフレーズを掲げて地域づくりに取り組んできました。まちには、みかん農家をはじめとする農家さんが多く、気候も住民もとても穏やかな地域です。秋から春にかけては絶景のあさぎり「風伝おろし」が見られます。
 
また、町外や県外からお客さんが訪れる人気のパスタ屋さんも。7月には新しくドーナツ屋さんがオープンしました。安心して食べられるように防腐剤や保存料を使用せず、やさしい素材でつくられたドーナツは、見た目も可愛く仕上がっています。

 

~旅行業部門と観光インフォメーション部門のスタッフを1名ずつ募集~
 
そんな御浜町ですが、人口減少による課題にも直面しています。日本の原風景や地元の文化を残しながら、今ある幸せな暮らしを続けていくために何ができるだろう。その取り組みとして、まちは“観光”を軸に力を入れることにしました。
 
現在、まちの観光案内の拠点として七里御浜ツーリストインフォメーションセンター(仮称)を建設中。2020年秋には、世界最大手の地域のマリオット・インターナショナルのホテルブランド「フェアフィールド・バイ・マリオット 三重御浜」もオープン予定。観光DMOの雄として知られる「一般社団法人 田辺市熊野ツーリズムビューロー」の旅行業部門「熊野トラベル」の支店展開も予定されています。さらに、観光促進の核とすべく「一般社団法人 ツーリズムみはま」を設立し、御浜町ならではのガイディングツアー等の旅行商品の企画・開発・販売などをしていこうとしています。
 ※参考 (一社)田辺市熊野ツーリズムビューローHP:http://www.tb-kumano.jp/


そこで今回、【旅行業部門/観光インフォメーション部門(仮)】のスタッフを各1名募集します。御浜町の自然豊かな地で、一緒にまちづくりに携わってみませんか?
 
現在まちには民宿がたったの2軒。観光協会もありません。そんな「0」から始める「観光」に少しでも興味を持ってくださった方は、まず一度、御浜町へ遊びに来てください。まちに、自分に、「何ができるかな?」を一緒に考えていきましょう。

 

■一緒に働く仲間
・石材店/湊さん:いろんなアイディアを出してみて、それをブラッシュアップしていくのがいいと思います。一つ種を植えたらどんな花が咲くのか、どんな実がなるのか。枯れてくかもしれないし、枯れてもまた咲はくかもしれません。そういうのを見てみたいというか、チャレンジしたい人と一緒にやっていきたいです。
 
■御浜町の住民たち
・内装屋/竹内さん:都会の方へ出たこともありますが、こっちの方がほっとします。今までの大量生産の時代から、御浜町はシフトチェンジしていくんじゃないかな。
 
・獅子舞演者/松本さん:3年前に獅子舞を町の無形民俗文化財に指定してもらいました。獅子舞や祭りをのこして、子どもたちにも伝えていきたいです。
 
・マイヤーレモン農家/田中さん:俺は嫁さんが御浜の人で、前の仕事を辞めたくて来ました。御浜に来たのはほとんど運ですね。農業は相性があったし、自分の好きなことからだと思います。

 

■応援メッセージ

今回の募集に際して、日本の観光を牽引するお二人からメッセージをいただいています。

 

TIC・SWISS代表/御浜町観光振興アドバイザー 山田 桂一郎 氏

・今、御浜町は「観光」を基軸とした地域振興に将来の可能性を見出し、新しい一歩を踏み出したところです。町の自立と持続を目的とし、地域社会の豊かさを目指す住民とともに将来を一緒に築ける人材が求められています。私もこの町の挑戦を称え、その歩みに寄り添いながら応援していきます。

 

(一社)田辺市熊野ツーリズムビューロー 会長 多田 稔子 氏

・13年前、外国人旅行者を目にすることは珍しかった当時、「田辺市熊野ツーリズムビューロー」を立ち上げ“熊野古道に外国人旅行者を呼び込もう!”と新しい挑戦を始めました。地域の皆さんと時間をかけて話し合い、10年後、20年後の地域のあるべき姿を思い描き、行政と民間が連携した取組を1歩ずつ進めてきた結果、和歌山県田辺市内に宿泊する外国人旅行者は40倍にも増えました。
今、御浜町も「観光によるまちづくり」という新たな挑戦を始めようとしています。地域の未来を思い続ける熱い仲間がいれば大丈夫です。それが「ツーリズムみはま」です。熊野古道の道は和歌山からも繋がっています。紀伊半島全体に旅行者が歩く風景を作る思いは一緒です。共に協力しながら持続可能な地域の発展に努めて参りましょう。

 

募集要項など詳細は下記をご覧ください

https://cocolococo.jp/works_recruit/28444

お問い合せ先
(運営組織)

御浜町役場企画課 林

519-5292

三重県南牟婁郡御浜町大字阿田和6120番地1

TEL: 05979-3-0507

FAX: 05979-2-3502

facebookでシェア twitterでつぶやく
このページのトップへ