[三重暮らしを応援します] ええとこやんか三重
本文へ

紀宝町

紀宝町

海・山・川の恵みに抱かれたまち

紀宝町は、三重県最南端に位置しており、熊野川や七里御浜などの世界遺産を有する悠久の歴史が育んだ自然が魅力の町です。温暖な気候や豊かな自然を感じながら、のどかな暮らしや子育てを、地域一体となって行うことができる生活環境は、都市部にはない田舎ならではの魅力です。また、空き家バンク制度や農林水産業の就業支援、子どもの医療費支援、ファミリー・サポート・センター制度など生活支援制度も充実していますので、田舎への移住をお考えの方は何でもお気軽にご相談ください。

自然条件

 紀宝町は、紀伊半島の南東部に位置し、三重県の南玄関となっています。東は七里御浜で熊野灘に面し、北は御浜町、西は熊野市、南は熊野川を隔てて和歌山県新宮市と接しています。

 町の面積は79.66k㎡で、北西部には紀伊山地からつながる山塊が広く分布し、南東部には住宅地や商業地をはじめ、港湾を活用した製紙工場や製材工場などが立地しています。

 また、町の中央部には、北西部の山々に源を発し熊野川に注ぐ相野谷川が流れています。

 東部の神内川・井田川を含むこれら河川の流域では、平地には水田が開け、丘陵地にはみかん畑が広がっています。

交通情報
アクセスマップ

紀宝町役場

三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿324番地

<JR>名古屋駅より紀勢本線特急ワイドビュー南紀にて約3時間20分で新宮駅、普通列車にて約5分で最寄りの鵜殿駅に至る。新大阪駅より特急くろしおにて約4時間弱で新宮駅、普通列車にて約5分で最寄りの鵜殿駅に至る。

<車>名古屋より、東名阪自動車道・伊勢自動車道・紀勢自動車道を経て紀勢大内山ICを下車し、国道42号にて紀宝町役場に至る(約3時間30分)。大坂より、奈良県橿原市へ、国道169号にて熊野市を経て、国道42号にて紀宝町役場に至る(約4時間)。

相談窓口

紀宝町役場企画調整課

紀宝町役場企画調整課

大谷 桂輝

TEL / 0735-33-0334

FAX / 0735-32-1102

e-mail / kikaku@town.kiho.lg.jp

生活関連情報
関連リンク
このページのトップへ